不動産売却の流れ

grea
不動産を売却しようと思ったら、何をどうすればいいの?
とにかく初めての不動産売却の場合、疑問点がたくさんあるかもしれません。
なので、不動産の査定から売却の一連の流れを紹介していきます。

信頼できる不動産業者を選ぼう

不動産売却は、どの不動産業者に依頼するかによって、売価が変わってきます。
そのため、信頼できる不動産業者を選ぶ事が重要です。
不動産業者を選ぶポイントは、あなたが売却しようとしている地域に強い不動産を選ぶ事。
不動産業者によって、得意分野があるので、不動産売却に強い不動産業者を選ぶといいでしょう。
また業者にばかり目がいきがちですが、営業担当者によっても、売価は変わってきます。
誠実で、手腕がある営業担当者がいる不動産業者を選ぶ事も、ポイントだと言えます。

少しでも高く不動産を売却するコツ

不動産売却をする時には、少しでも高く売りたいと誰もがそう思っているでしょう。
では、具体的にはどうすればいいのか?というと、不動産業者や営業担当者を選んだ後は、
物件の印象をよくする事を心がけましょう。
整理整頓を心がけ、部屋が広くキレイに見えるようにしておきましょう。
この物件を購入したら、素敵な生活を送れそう。そんなイメージを購入希望者に持ってもらう事が大切です。
そして不動産の売却では、焦りは禁物です。
早く売りたいという気持ちも分かりますが、早く売れる代わりに相場より低い価格で売ってしまうのは勿体ないですよね。
売れる時期もありますし、好条件で購入してくれる購入希望者の出現を待つ事も時には必要となります。
そのため長期戦を覚悟して、1年程度売却には時間がかかると思っておきましょう。

不動産売却の流れについて

まず最初にする事は、あなたの不動産の価値がどれぐらいあるのか相場を知る事です。
相場を知る最も簡単な方法は、一括査定を行いましょう。
一括査定とは、簡易査定になるため、正確な査定額ではありませんが、相場を知る事ができ、不動産を選ぶ目安にもなります。
そして不動産をある程度絞り込んだら、次は訪問査定で、正確な査定額を出してもらいましょう。
不動産の売却を依頼する不動産が決定したら、その不動産にいろいろと相談をしましょう。
事情や要望に合わせた解決方法を提案してくれるはずです。
また売却時のポイントや、最適な販売方法の戦略のプランを立ててくれます。
不動産の契約内容に納得出来た場合は、そのまま不動産と契約を結ぶ事になります。

契約後の流れについて

契約が結ばれた後は、不動産業者が好条件で早く売却出来るように、販売活動を行います。
不動産サイトに物件情報を掲載したり、新聞の折り込みチラシに広告を宣伝するなどし、購入者を集います。
そして購入希望者が現れたら、交渉がスタートします。
交渉に関しては、売却希望者と購入希望者が直接やり取りするのではなく、不動産業者が代理人として、
交渉を行うのが一般的です。そしてこの時点で見学も行われ、売買契約が成立すれば、引っ越しして、引き渡しを行います。
物件を引き渡したら、それで不動産売却は完了という訳ではありません。
抵当権の抹消や所有権の移転、登記申請手続きなど、不動産売却には様々な書類上の手続きが必要となります。
書類の手続きなんて分からないと不安になる人もいるかもしれませんが、不動産業者がサポートをしてくれます。
不動産業者を選び際には、アフターサポートが充実しているところを選ぶ事がポイントです。
なぜなら、売却完了後でも、その年の確定申告などで、手続きを行う必要があり、自分一人で行う事は難しいからです。

Wgat's New

アーカイブ

ページ上に戻る